誰もがアクセスできる社会へ

日本アイ・ビー・エム株式会社

14歳で視力を失った浅川智恵子は、IBM の研究者として視覚障がい者の自立を支えるさまざまなテクノロジーの開発に尽力しています。自らの経験を基に、IBM Watsonを活用したAI音声アシスタントを開発。世界中の視覚障がい者の皆さんの自由な移動をサポートしています。

スマートリビングSmart Living